外壁塗装を依頼した経緯と会社探しをした方法と施工の流れ

見積から完成まで

外壁塗装 / やってはいけない8つの事

問い合わせ後に双方の都合の良い日程で調整をして、現地にて最終的な点検を兼ねた査定額が出され、私の住宅の場合は屋根塗装も含めて総額で65万円です。
十分に納得できる料金だったので、次のステップとして色選びを行いました。
依頼した会社では色見本のカタログを用意していて、非常に分かりやすい説明と共に色を選択しました、色は調合可能と言われましたが、調合した後の色見本は存在しないので、艶の状態だけを別途決めることになり、光沢ではなく半光沢に仕上げる契約で完了です。
施工の流れは6日間の日程を組んでいましたが、初日には足場を住宅周りにセットをして、シートを被せて養生作業まで済ませていました。
同日に外壁の洗浄と補修も行われ、2日目から直ぐに塗装作業に入っています。
下塗りシーラーを塗ってから中塗りと上塗りを繰り返し、私が依頼した会社ではエアブラシを用いて一気に塗る広げる方法だったこともあり、中塗りの段階で既に綺麗な状態を保っていました。
最終的な上塗りを済ませて、同時に屋根塗装も終わった後に、足場の解体から撤去を行ってもらい作業は完了しています。
実際には基礎のコンクリート部分と、灯油のホームタンク、ガス容器の収納庫も外壁と同色に塗ってもらうことができ、この部分は完全に無料のサービスです。
完成後にはスタッフと共に点検を十分に行っていて、以前は剥がれそうだった軒裏天井も白色に塗ってもらうことができたので、住宅が新しくなったような印象です。

家の外壁塗装の業者がやってきた。
とりあえず見積を出してもらうように頼んだけど、いったいいくらぐらいなら妥当なのか見当もつかない。
面倒だけど他の業者にも声かけた方がいいのかな。

— コースケ (@kos_i) June 14, 2020

一括サイトで業者を選定見積から完成までアドバイスが的確で仕上がりに納得